団体概要

目的

教育を通じ子どもの貧困問題を是正する

事業内容

塾代割引助成事業

ひとり親世帯が通塾できる月謝を実現するため、

・提携可能な塾の開拓
・賛同いただける個人、法人からのご寄付集め

を行う。

ひとり親向け塾割引の仕組みを説明した画像

審査とフォロー事業

契約希望ひとり親世帯が

・自己負担金の支払い能力があるか
・意欲のある子どもであるか

の審査を行い、契約後は保護者、子どもを定期面談等でサポートする。
子どもの貧困問題解決するためひとり親世帯をフォローを表した図

代表挨拶

23才から教育の仕事に携わり47年。皆様のおかげで、充実した人生を過ごすことが出来ました。いつの日か「御恩返し」をしたいと思っていましたが、70才になり残りの人生を「子ども達の未来のため」「貧困の連鎖を断ち切る活動」に集中していこうと思っています。

子どもの貧困は7人に1人に及び、ひとり親世帯の過半数は貧困状態です。教育を受ける機会は公平であるべきで、政治・行政だけの問題ではなく、我々1人1人が真面目に考えて、行動する必要があります。

私たち夫妻は、子どもに恵まれませんでした。「子どもを授からなかった人は、すべての子ども達の父と母になる運命を神様から授かっている」と言われています。このような思いでNPO法人「こども未来」を立ち上げ、皆様と力を合わせて活動を実行していきたく思っています。よろしくお願い申し上げます。

代表理事:辻本加平

プロフィール:1948年生まれ。23歳で学習塾を創業し生徒数8,000名の大手塾に成長させるも、47歳で卒業。48歳でパソコンスクールを立ち上げるが、53歳で経営危機に。うつ病を患い、2年間家に引きこもる。60歳でコーチングを導入した学習塾を創立する。70歳となった現在は、NPO法人「子ども未来」を立ち上げつつ、地元堺で「子ども食堂」を実践中。

辻本加平代表写真

実績

子どもの貧困問題を是正すべく、地域の優良塾にご賛同いただいています。

提携塾実績

貧困是正協力団体、第一ゼミナール様ロゴ

貧困是正協力団体、開成教育セミナー様ロゴ

貧困是正協力団体、木村塾様ロゴ

メディア掲載実績

 
・2019年5月19日朝日新聞朝刊 23ページなにわびと
朝日新聞朝刊代表辻本掲載

ご寄付のお願い

現在、40人の子どもを2年間支援するご寄付が集まっていますが、これ以上集まらないと子どもへ支援がストップしてしまいます。

子どもの未来のため、ご寄付ご協力をよろしくお願いいたします。

更新日:

Copyright© NPO法人子ども未来 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

子どもの未来をご支援下さい!