教育情報

こんなにかかる!受験費用【大学受験編】

投稿日:

子ども未来でサポートさせて頂いている子どもたちの中でも、
高校生に進学する子どもたちも増えてきました。

公立高校に進学し、その後も、大学・専門学校へ進学することになると、
学費が一人親の方のかなり大きな負担になります。

今回は、前回の高校受験進学への費用に続き、
大学受験に向けての費用も見ていきたいと思います。

今回は、大学受験に向けて公立高校に通う子どもが3年間にかかる費用についてご紹介します。
大学受験をするにあたり、塾代以外にも、受験費用がかさむことになります。

そのような時に備えておけるように、参考にしてみてください。

公立高校生が1年間にかかる費用

文部科学省が発表している平成30年度の子どもの学習費調査の結果によりますと

保護者が支出した1年間で公立高校に通う子ども一人当たりの費用は

45万7380円

と試算されています。

 

ちなみに、

保護者が支出した1年間で私立高校に通う子ども一人当たりの費用は

96万9911円

と試算されています。

 

これは、私立高校の方が大学受験に向けてのサポート体制も
公立高校に比べ非常に手厚いことで
公立高校での年間費用の倍以上の費用が掛かることになるのです。

なんと高校1年生の時期に一番費用がかさむ!?

学年別に見ていきますと

【高校1年生】50万7980円
【高校2年生】46万0470円
【高校3年生】40万3622円

という結果です。

この結果を見た時に、正直ビックリされたと思います。

塾代等の学校外活動費は、
高1よりも高3の方がもちろん掛ける金額は増えています。

しかし、
高校への入学時に掛かる費用が
かさんでいることが原因です。

具体的には、
・入学金
・制服代
・修学旅行等の積立金

など
学校に入学するための費用と入学してからの費用が必要となります。

しかしこの平均額の注意点としては、塾へ通っていない子も含まれた平均額ということです。
そのため塾へ通っている子だけを対象とした額ではありませんので注意してください。

では、実際の学習塾に通う費用はどれくらいになるのかを見ていきましょう。

学習塾の費用について

高校生になると、クラブ活動を一所懸命に取り組む生徒も多いです。

そのため、高校1年生・2年生のクラブをしている時期は、
学習塾で学ぶとなると、
基本的には英語・数学の二教科を学ぶことが多くなります。
そうなると原則、週に2回の通塾です。

その上で、集団塾と個別指導塾の違いについて考えたいと思います。

【集団塾】
週2回の通塾だと2万円~3万5000円台です。けれども、週3回以上に通学回数が増えたり、受験学年になると、指導科目を増やしたりすると、更に費用が増えていきます。

一般的には、
高校1・2年生(週2回)は、2万円~3万5000円台
高校3年生(週3回以上)は、3万円~6万円程度

となります。

【個別指導塾】
週2回の通学でも2万5000円~4万円程度となります。受験学年になれば、さらに2万~4万円ほどアップするケースもあります。
集団塾に比べて、3割ほど高くなることになります。

ただ、高校受験と大学受験の大きな違いは受験の多様化にあります。
受験の方式についても見てみましょう。

大学受験の受験方法は多岐にわたる

大学への主な受験方法は、以下の4通りです。

①一般入試
【実施時期】1月中旬~3月
【受験科目】大学の学部学科による
【特徴】受験したい学校を受験できる

②公募推薦入試
【実施時期】10月~11月
【受験科目】一般入試に比べると科目数が少ないことが多い
【特徴】学校の評定などの一定の基準をクリアしないといけない

③学校推薦入試
【実施時期】10月~11月
【受験科目】一般入試に比べると科目数が少ないことが多い
【特徴】学校からの推薦が必要

④総合型選抜入試
 【実施時期】9月~11月
【受験科目】書類選考、小論文、面接、学力試験、実技試験など
【特徴】学校からの推薦は必要ない

 

今からの時代は、
本当に自分が何を学びたいのかを明確にした上で
志望校選びをしていきたいですね。

※参考
河合塾Kei-Net 大学入試の基礎知識

 

大学受験で一番お金が掛かるのが受験時期

実は、一番お金が掛かるのが受験時期の高校3年生です。

塾代はもちろんのことですが、
それ以外にも
・受験料
・入学金
・授業料
・通学費
・下宿代
などがあります。

特に受験料に関して
・共通テストは、1万8000円
・国公立大学の2次試験は、1万7000円
・私立大学は、3万5000円程度
などです。

国公立大学を志望している多くの高校3年生は、
・公募推薦入試(私立1校)
・共通テスト
・一般入試(私立3校程度、国公立大学2次試験)
を受験することになります。

以上の場合、
受験料だけで20万円近くの費用が
必要となります。

※参考
河合塾Kei-Net 受験や大学生活っていくらかかるの?

 

子ども未来の活動の原点である
【恩返し】について
代表の辻本のアツい想いです。

まとめ

統計上の試算と実情として大学受験に掛かる費用に
大きなずれがあることを
少しでもご理解頂ければ嬉しいです。

我々は、これからも
経済格差を学力格差にしない

最終的には
幸せ格差にしないための活動を
微力ながらに進めていきたいと思います

-教育情報

Copyright© 認定NPO法人 子ども未来 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

子どもの未来をご支援下さい!