教育情報

こんなにかかる!受験費用【高校受験編】

更新日:

子ども未来でサポートさせて頂いている子どもたちは、公立中学校に通っています。
そうなると、避けて通ることができないのが高校受験です。高校を卒業した後も、大学・専門学校と費用がかかることを考えると、どれだけ高校受験に費用がかかるのは親としてはとても気になる所です。

今回は、高校受験に向けて公立中学校に通う子どもが3年間にかかる費用についてご紹介します。
中学3年生になれば受験時期ということもあり、普段の塾代の月謝以外に特別講習費、特訓費など追加で意外と負担が増えてきます。

そのような時に備えておけるように、参考にしてみてください。

公立中学生が年間にかかる費用

文部科学省が発表している平成30年度の子どもの学習費調査の結果によりますと

保護者が支出した1年間で公立中学校に通う子ども一人当たりの費用は

48万8397円

と試算されています。

やはり中学3年生の受験時期に費用がかさむ!

学年別に見ていきますと

【中学1年生】45万6582円
【中学2年生】43万6183円
【中学3年生】56万9348円

という結果です。

しかしこの平均額の注意点としては、塾へ通っていない子も含まれた平均額ということです。
そのため塾へ通っている子だけを対象とした額ではありませんので注意してください。

では、実際の学習塾に通う費用はどれくらいになるのかを見ていきましょう。

学習塾の費用について

学習塾で学ぶとすると、基本的には英語・数学の二教科を学ぶことが多くなります。そうなると原則、週に2回の通塾です。
その上で、集団塾と個別指導塾の違いについて考えたいと思います。

【集団塾】
週2回の通塾だと1万5000円~2万円台です。けれども、週3回以上に通学回数が増えたり、中学3年生になると、指導科目を増やしたりすると、更に費用が増えていきます。

一般的には、
中学1・2年生(週2回)は、1万5000円~2万円台
中学3年生(週3回以上)は、2万5000円~4万円程度

となります。

【個別指導塾】
週2回の通学でも2万~3万5000円程度となります。中学3年生の受験学年になれば、さらに1万~2万円ほどアップするケースもあります。
集団塾に比べて、3割ほど高くなることになります。

中学3年生の費用はそれだけではない

中学3年生になると受験時期ということもあり、
普段の授業以外にもいろいろな特訓講座が設定されます。

・日曜特訓
・志望校別特訓
・入試直前特訓

また、1,2年生の時に受講していた夏期講習・冬期講習も通学時間が長くなるため、費用がかさみます。

子ども未来でサポートしている受験生をお持ちの保護者の方への毎月の給付額も、
9月以降になると2万円~3万円の給付額になることもあります。

子ども未来では、学費の3割を給付させて頂いておりますので、
総額で言えば、7万~10万円という
高額の費用を学習塾に支払っているということになるのです。

一人親の方も一所懸命!

子ども未来では、学期に1度、年に3回の面談を大切にしております。
12月に実施した面談時にも、受験生を抱えている保護者の方から
「いつもサポートして頂き、本当に助かっています」
「子どもが頑張っているので、私も負けてられないです」

など、お子さんのために、奮起されている姿を見せて頂いています。

それほど高くない給料の中でやりくりしていくことは、本当に大変だと感じると共に、
我々のこの活動の意義を感じざるを得ません

子ども未来の活動についての
代表の辻本のアツい想いです。

まとめ

高校無料化と言われていまずが
実情としては高校に入るまでに塾代がかなり必要であるということです。

我々は、これからも
経済格差を学力格差にしない

最終的には
幸せ格差にしないための活動を
微力ながらに進めていきたいと思います

-教育情報

Copyright© 認定NPO法人 子ども未来 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

子どもの未来をご支援下さい!