子どもの貧困問題

【2021年1月速報】堺市がひとり親世帯に独自給付を決定|その他支援も紹介

更新日:

コロナ禍において、ひとり親世帯は一層苦しくなっている状況が続いています。

堺に住んでいるひとり親世帯に向けて、お役に立てる情報をご紹介しますので、なんとか乗り切って下さい。

堺市が3万円のひとり親世帯応援給付金を2021年1月に決定

2021年1月に、ひとり親1世帯に3万円または10万円を支給することが決定しています。

詳細は、堺市公式HP「堺市ひとり親世帯応援給付金」をご参考下さい。

対象世帯は、令和2年12月1日時点で堺市に住民票があり、次のいずれかに該当するひとり親世帯ですが、支給方法など、詳細はまだ未定だそうですが、原則、申請不要で受給が受けられます。

  • ①令和2年11月分の児童扶養手当を受給していている世帯:1世帯につき3万円
  • ②ひとり親世帯臨時特別給付金を受給した公的年金世帯で、①に該当しない世帯:1世帯につき3万円
  • ひとり親世帯臨時特別給付金を受給した家計急変世帯で、①②に該当しない世帯:1世帯につき10万円

ひとり親世帯が窮する状況が少しでも改善される事を願います、

当NPOも堺に住むひとり親世帯等を中心に独自給付を実施

2020年4月、私辻本の判断でコロナでひとり親世帯が苦しい状況をふまえて、独自で1世帯につき5万円の現金給付を実施しています。

さらに、2020年5月に国から支給された定額給付金を夫婦で20万円、子ども未来への寄付を行いつつ、私と同世代の50代以上の経営者に向けて、定額給付金で寄付を募ることを呼びかけています。

様々な理由で国が迅速に動けない中、市民はすぐにアクションできるのが強みです。

2021年1月現在、再給付の予定はありませんが、困っているひとり親世帯は、当団体の活動をチェックしてみてください。

また、子ども未来には、子どもの貧困問題を解決したいと考え、これまで100名以上の寄付者が集まっています。

まずは知ることから。勉強をあきらめざるを得ない、貧困世帯子ども達の現状を知っていただくだけでもありがたいです。

その他、堺市ひとり親支援の詳細

その他の堺市在住ひとり親世帯の支援詳細は、ひとり親家庭サポートブックに掲げられています。

1日あたり500円で病院に通えるひとり親家庭医療費助成制度や、病気や事故、技能習得のための通学、就職活動中、30日以内で家庭生活支援員さんが派遣されて、生活を援助してくれるひとり親家庭等日常支援事業等、ひとり親世帯が受けられる制度はいくつかあります。

ひとり親の方が知ってさえいれば、活用できる内容ですので、ぜひこのブログを機に知っていただけたら嬉しいです。

また、ひとり親以外の方でもこのブログをシェアなどしてもらえたら、少しでも必要な人に届くことに繋がりますので、ご協力下さい。

ひとり親世帯の方、ひとりじゃないです!みんなでこの状況を乗り切りましょう。

辻本加平72歳

-子どもの貧困問題

Copyright© 認定NPO法人 子ども未来 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

子どもの未来をご支援下さい!